スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月アレを社会人がやるのは危険

月アレを社会人がやるのは危険

ご無沙汰しております、夏のWFはもうオリジナルでなにかだします。

ところで先日、今更ながらも月にアレをプレイしたのですが、あのゲームを社会人がやるのは非常に危険だと思いましたのでご報告いたします。

というのも、社会人というのは労働に疲弊しており、とくに僕なんかは自分を擬似的に殺す権利を持った相手と関わり続けるのがほんとうに嫌で嫌ではやく社屋に5thルナ落ちてこねーかな、と思う毎日です。三国志大戦で好きな計略は大流星の儀式です。

さて、そんな疲弊した社会人が月アレをプレイするとどうなるか。魂の行き着く場所を見つけてしまいます。

・レズ
まずレズ。美しい。いや、主人公男なんでレズでは無いんですが見た目的にはレズです。レズ。きれい。美しい。
性行為の綺麗さというより、主人公が性別を偽って振る舞っており-周りの登場人物が主人公を女性と思い込んでいる ことにより、根本的な嘘の上にむしろ美しい人間関係がそこに浮き上がります。
近年の傾向として、肉体を肯定的に捉える向きがあるようになんとなく感じているのですが、月アレは肉体を切り離した形の美しさを感じ取れます。ヒロインが主人公を女性と思い込んだままセックスしようとするシーンは、存在を求めた末の交感として、肉体から逃げられない人類として、肉体の交わりを求めたシーンであり、ヒロインが特別同姓愛者として描写されていたわけではないことも踏まえ、人類の意志の美しさを感じ取れます。たぶんこの作品ならツェペリさんも満足だと思います。人間讃歌は人類の意志の讃歌です。

あととにかく見た目美少女二人がイチャこいてる見た目が美しいです。肉体的美しさも完全にフォローしてます。

・労働
次に、主人公はヒロインの1人と主従関係を結びます。目的が色々あり女装してメイドの立場を手に入れ転がり込むわけですが、その主従関係の美しさに魂を奪われます。主人公ばっかりずるい、拙者もヒロインに魂とか捧げたい……。
なにがよろしいかというと、彼女達の関係、普段の労働で僕が満たされない精神的な部分を満たしてくれます。大体そんなもんだと思うんですけど、働こうと思って働きたいと思うんですよ。生活のためにテキトーに働いて、テキトーにやってるのバレそうですこし脅えて、でもたまに真面目にやってもちょっとめんどくさいとこ出て来て憂鬱になって、なんとか乗り越えると急に前にテキトーにやったところが不安になってくる……みたいなやつ。
一方この主、自分から自分を棄てて尽くしたいと思えます。この主に人生の貴重な捧げるにあたって適当にやるという発想がまず出てきません。まずここが大きい。動くモチベーションを与えてもらえます。今欲しいんだよね、自分から働きたいと思える職場。

また、人間としての関係も非常に美しい。主人公の才能を愛している部分は見受けられ、少し不安になりますが、彼女たちには確実に人格を求めあっている側面があることに非常に安らぎます。ゲームやってて「ちんこいらねえだろ!!!」って十回くらい言いました。嘘です。もっと言いました。

魂なんてものがろくに信じられていない時代、僕も人間がその全てを物質的構造に頼って存在していると考えている質ですが、肉体と言う軛から解き放たれたいと思わせる作品でした。間違った、という表現が不適切であることは重々承知していますが、あえて言うと間違った理想を見てしまいます。これが一つの耽美なのかもしれません。
僕にはちんちんを取り外すこと以外はよくわかりませんが耽美や凋落の影を潜ませた、純粋な人格と人格の関わりの美しさが、どこで手に入れたかわからない怠惰を職場まで子連れ狼のように連れ回しつつ上司に目をつけられないようスニーキングミッションしている精神にドンピシャです。

まあ童貞なんで性的接触を軽く見ている節はあり、一回セックスしたらやっぱりちんこほしくなるのかもしれません。僕にも肉体を肯定したい気持ちと捨てたい気持ちが同居しています。

・服従
プレイしているうちに、いつしかヒロインに服従している自分に気づきます。我々に求められているものは彼女の幸福であり、そのための全てです。我々が求めていることは彼女の幸福です。我々都合のいいときにだけサムライを持ち出す国の国民としては、2君に仕えることはできません。労働契約を交わした主君と、めっちゃ仕えたい美少女。我々が仕えたいのは後者です。しかし我々の肉体と生存本能が、労働契約の破棄を許しません。なんというストレス。解離する体と心。我々の魂ははCAD弄ってる場合でも稟議書書いてる場合でもありません。帰る場所を見つけたのに帰れないストレスが社会人を蝕んで行くことは想像に難くありません。僕はこれプレイした次の日脱け殻になりながら定時退社しました。


・人生
いろいろ書いてみましたが僕は働きたくないです。

・タイトル
アレがなにかわかんなかったら唐揚げ棒でも食って寝てろ。
スポンサーサイト

幼年期の終わり

はたらく

最近してたいろいろ

ワンフェス参加以来毎月のごとくうわー金ねー研究したくねーとか大騒ぎしてたら夏ワンフェス終わってました。

あと小説大賞に応募してたやつが二件ほど一次落ちして本気でへこんだり審査員は見る目ねーな!って言ったりいろいろしてました。
なんか新しいのも書き始めてるんでここに晒して新しい黒歴史を作ろうかと思ってます。
誰が読むんだ。

そんな中、特に最近はなんかもっぱら艦これとかしてました。
いいですね艦これ。すげえ面白い。陸奥ちゃんかわいい。世話焼いて欲しい。

横鎮所属なんで一応古株組に分類されるんですが、マッタリやってたのでまだこんなもん。
猫にやられてタンカー徴用したりもしましたがE-2はさっきクリアしました。
kannkore.jpeg

あとは、一応フィギュアをチョコチョコ作ってます。こんなの。
IMG_0917.jpg

髪の毛の表現が弱いなーとは前から思っていて、真紅でも結構気にしてはいたんですが、今回はもうすでに三回ぐらい作り直してます。
スゲー好きなゲームのキャラなんですが、当分はこのゲームのキャラ立体化してーなーとか考えてます。
何ヵ年計画かな、ディスプレイのイメージが先に固まっちゃって、どうしてもそのディスプレイをやりたいんですよね。
いつもこんな感じなんですが、もしかしたらキャラ見せられてこれのディスプレイ考えて?って言われるのが一番幸せかもしれません。
そんな奇特な人いねえ。

完成品としてはMSVリベンジってコンペ企画び参加して、ザクマインレイヤー、
WF2013Wで知り合ったkinonotaさんのとこの羽山水姫ちゃんを作ってました。

IMG_0898.jpg

IMG_0781.jpg
IMG_0786.jpg

肌色を新しく調色して見たんですが、これがまたなかなか。

それにしても積みキットは増えるばかりです。

はじめまして


はじめまして。
造型サークル、「けみかるらばー」のblogです。

参加イベント情報、作業の進捗などを主に記事にして行きます。




なにかありましたら、コメント欄などでどうぞ。
プロフィール

武中かおる

Author:武中かおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。